すてきな物語のはじまりだよ

ラポワクーリェの物語

ラポワクーリェとは、
	Rencontre ランコントレ ~出会い~
	Poignee ポワニェ ~握手~
	Cou クー ~心~
	Lier リェ ~つなぐ~
	という言葉たちをつなぎあわせて
	できた名前です

住めば住むほどに、おうちの中のひとつひとつが
古くなって、美しくなって…
なんだろう、すごく可愛いんだよね。

愛着が持てる素敵なおうちを…
パパもママも笑顔になって
こどもたちも笑顔になって
もっと…ずっと…その先も住まい継いでいくおうち…
出会い・手をつなぎ・心をつないで…

そんな風に50年、100年と受け継ぐおうちを
平和技建は造っています。
あなたの物語は「いま」始まります…

住まい継ぐということ。

それはおうちを子供に、またその子供に住まい継ぐということ。
豊かに暮らすという価値観もまた、次の世代へと継いでということ。
おうちを建てる時、家族みんなでひとつの部屋に
漆喰(しっくい)を塗った
ご家族のお子さんが言ったひとこと。

「ママ、ここは私の場所だから私が掃除するの。」

なんだかほっこり笑顔になっちゃうね。

自然のまんまの木の床で、気持ちが良いから家族みんなでごろーん。
そんな風に家族で過ごす毎日が幸せで溢れるように。
家族みんなが安心して暮らせるように、
家族みんなのおうちが宝物になるように。

漆喰のぬくもり。

無垢の木を使ってカルクウォールというスイスの
本物の漆喰を、みんなで塗って家族みんなで手を加えて
メンテナンスをしながら造りあげていく。

大好きなことを思うままにして、ありのままで過ごす。

自然素材に囲まれたおうちで、憧れと愛着を持って暮らせたら
きっと素敵な暮らしになるんだろうな…